海外田舎暮らし日記

日々の気づき他、海外田舎暮らしで思うことなど綴ります。

ブログ

ポートランド観光のお土産は無くしたはずの父の日カード

投稿日:7月 2, 2017 更新日:

先日、東京の友達とアメリカのオレゴン州ポートランドへ行ってきました。

健康に気を使うようになってから、オーガニックな街に興味を持ち、健康に対する意識の高いポートランドに行きたいと思っていたことを友達に話したところ、この友達もポートランドには行ってみたかったと、現地で落ち合うことに。

友達が彼女のネイルスタイリストの人にカナダに住む友達とポートランドで落ち合ってくることを話したところ、海外に住む友達と海外で落ち合って旅行をしてくるなんていう発想が信じられないと言われたそう。

カルガリー経由でポートランドに入り、先に到着していた友達に空港からLINEで連絡し、ホテルへ向かいました。空港のWiFi、国を超えて簡単に連絡取り合えるアプリ、とても便利。違う国に住む友達と落ち合って一緒に旅行するのも簡単にできる時代になりました。

住みたいまち、ポートランド

一番印象的だったのは、ポートランドの人々がとてもフレンドリーで親切だったこと。

ローカル(地元)のものを大切にし、お互いサポートし合っていることもあちこちで伺えました。

またポートランドの街の観光のことは別の機会に紹介しようと思います。

滞在中に起きたある不思議なこと

父の日の前時期に出かけたこの旅行、せっかくなので、日本の父にポートランドからカードを送ることに。

雑貨屋さんでカードを買って、ホテルに帰ってから書きました。カードを封筒に入れて、封は未だしないままバッグに入れて、次の日にでも出そうと思っていました。

翌日出し忘れ、最終日の朝に出そうとホテルの人に切手が帰る場所を聞こうと思いカードをバッグから出そうとしたら、あれ、ない。。。

キャリーオンのスーツケースの中も、念のため探したけれど、やっぱり見つからず。

残念ながら諦めて旅行から帰って来てから、父にカード送ろうとしたのに失くしちゃったことをメールで連絡しました。

それから数日後、日本に住む妹から、カード届いてお父さん喜んでたよと連絡が入りました。

えっ、そんなはずないんだけど。。。失くしたんだけど?と妹に返事をして、次に父親にあった時に、封筒の写真を撮って来てもらうようにお願いしました。

そして、後日妹から送られて来た封筒の写真を見ると、ちゃんと切手が貼られて送られていました。

封筒に住所を書いたところまでは覚えていますが、切手をどこで買ったらいいか聞く前に失くしたはずのカード。

親切な誰かが拾ってわざわざ切手を貼って出してくれたのでしょうか?

本当にポートランドの人々がとっても親切で優しかったので、誰かが出してくれたのかもしれません。

それか、亡くなった母の仕業かななんて思ってみたり。

とにかく無事にカードが届いたので、良かったです!

わざわざ出してくれた人、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶望しない!健全的な「子供のいない人生」の受け入れ方

最近、30代後半の妊活中の友達が 周りに増えています。 子供が本当に欲しい人も、 周りから与えられるプレッシャーで 子供を産まなければいけないような 気持ちになっている人もいるかも 知れませんね? 中 …

言えたら得をする「ありがとう」の話

私は毎日ご飯作りをしています。頼まれたわけではありませんが、外で働いていないhouse girlfriendの身としては、ご飯作りと、片付け、洗濯物が唯一の仕事。 彼の家に住まわせてもらっているので、 …

40代女性の悩みから解放されて子供のいない人生を楽しむ

  子供のいない人生って不幸なの? 子供のいない人生ってつまらないの? そんな疑問や悩みを抱く女性は年々 増えています。 子供のいない人生を歩むことになった 理由は色々とありますよね。 子供 …

江原啓之の宗教は?何であっても悪魔崇拝という共通点

前回は「断捨離」の元にある思想が、 密教仏教の陰湿な部分であることを 記事にしました。 やましたひでこのDVD・講演会で説明される断捨離のやり方が理解できない訳 「断捨離」の元にはヨガの行法が あるの …

女友達の引っ越し祝いはインテリアにも◎なもの5選

  親しい友人が一人暮らしを始めるために引っ越しをするときは、ちょっと気の利いたものをプレゼントしたいですね。 特に、友人がマンションを買ったときなどは、新しいお部屋のインテリアにもおしゃれ …