海外田舎暮らし日記

日々の気づき他、海外田舎暮らしで思うことなど綴ります。

ブログ

絶望しない!健全的な「子供のいない人生」の受け入れ方

投稿日:

最近、30代後半の妊活中の友達が
周りに増えています。

子供が本当に欲しい人も、
周りから与えられるプレッシャーで
子供を産まなければいけないような
気持ちになっている人もいるかも
知れませんね?

中には、友達がみんな子供がいるから
子供のいない人生をどう受け入れれば
良いのか、想像がつかない・・・

という人もいるかも知れません。

子供のいない人生の受け入れ方に
ついて、私の体験談を含めて
まとめてみました。

 

自分の趣味や仕事が思う存分できる

何かしらの原因で子供ができなかったり
しても、人生は続きます。

その人生をずっと悲しんでばかりは
いられないので、どこかで、

現状を受け入れて、気持ちを切り替え、
何かに没頭できることを見つける必要が
あります。

子供を作ることばかり考えていたとき、
自分で自分の生活を支えていたなら
まだしも、旦那さんやパートーナーに

養ってもらっていたとしたら、
旦那さんやパートーナーと協力しあって
子供のいない人生を受け入れていくのが
良いでしょう。

また独身で私のように40代であれば、
できれば自分の老後を心配しないで
済むように、経済力をつけておきたい
ですよね。

私の友達の一人には、30代前半で子供が
欲しくて、当時勤めていた仕事を辞めて、
妊活期間に入ったもののなかなかできず、

しまいにはこの期間に旦那さんの嫌な
部分と一生付き合っていけないと判断し、

起業して、今では、社員を雇って立派に
社長として働いています。

「あのとき子供ができなくてよかった」

と今では言って、仕事にやりがいを
見つけたようです。

「子供のいない人生」を選ぶと、
周りは色々いうかもしれません。

私も実際、ここに来るまで何度も
「子供産まないの?」
「彼とはそういう話しないの?」って
聞かれてきました。

子供のいない人生だからって、
年をとって孤独だとか、

そもそも、自分が年をとって孤独に
ならないために子供を産むものでは
ないはず?でしょうし、

「子供のいない人生=絶望」のように
いうのも、周りからのプレッシャー
からきていたり、

ニュースで「子供を産まない女性は価値
がない」など言われたりしていますが、

少子化社会の根本的な問題のすり替え
のように思います。

子供のいない人生を歩む、特に、
女性への風当たりはまだまだ強い社会で
あるかもしれませんが、

子供のいない人生を考えるのではなく、

自分の人生をいかに楽しく、経済的な
心配をしないで済むようにすることが

健全な考え方ではないでしょうか?

こちらもどうぞ↓↓↓

40代女性の悩みから解放されて子供のいない人生を楽しむ

ママ友とつるむ必要がない

子供がいるとママ友との付き合いも
出てきます。

人にもよるのかも知れませんが、
ママ友の話を友達から聞く限り、
変な競争の社会が見え隠れしたり。

色々とアドバイスをもらえたりする
場合もあるかも知れませんが、

保育園情報とか、便利なアイテムなど
以外においては、側から聞いていると
随分なエゴだな?と思わされます。

一人目がいれば、兄弟・姉妹を作って
あげないと子供がかわいそうだとか、

二人目はできずらいらしいだとか、

三人目を作るか迷っていたら、
「お金はどうにかなるのよ」などと
いうのを聞いていると、

お金はどうにかならないから、
どうにかしていくものでしょうし、

基本、意見が感情的でしかないこと
に危機感を感じざるを得ません。

ママ友を作るなら、仕事場の同僚
とか、昔からの自分のことを知っている
友達でママな人たちをママ友仲間に
する方が、

現実離れした意見をもらう必要も
なく済むかもしれませんね。

実際、私の友達も、妹も、新しく
ママ友という友達はあまり作らない
ようにしているよう。

いづれにしても子供のいない人生を
選べば、こう言った煩わしい人間関係
で悩むこともなくすみますね。

 

子供のワクチン摂取の選択で迷わなくてよい

子供が成長していく過程で、
「ワクチンを打ちましょう」といった
キャンペーンがあちこちで聞かれます。

中には、ワクチンを打たなければ、
保育園に預けられないなどの規制が
あったりするので、

ワクチン接種は半強制的な感じです。

お母さん達は政府が言っているんだから
打たなければと、迷うことなく、
むしろ積極的に子供に接種させます。

でも、ワクチンが何から作られているか
考えて見たことがありますか?

私は、母が病気のときに体に良くない
ケミカルについて、色々と調べていた
時期がありましたが、

そのときに知った恐るべしワクチンの
成分。これを迷いなしに、積極的に
ワクチン接種に足を運ぶお母さん達。

とは言え、実際、私が母親で、子供を
保育園に預けるためにワクチン接種が
必要と言われたら、接種させるしか
方法はないのかも知れません。

そんな状況を想像すると、子供がいない
人生を受け入れてよかった、と思わざる
を得ません。

子供の健康にまつわる判断が親である
自分の責任とは言え、社会のシステム
によってコントロールされてしまうと、

社会のシステムを疑問視することなく
ただ従う・・・

そんな惰性的な感じで子育てすること
は、子供がいない人生を受け入れる
ことより、難しいと考えます。

スポンサーリンク

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外在住の日本人が喜ぶプレゼントと喜ばないものカナダ編

海外に住んでいる家族や友達にプレゼントを送りたい。 せっかくなら海外で手に入らない日本のものがいいかな と思っても何を送ったら喜んでもらえるのか? 現地事情はわからないものですよね。 そこで、カナダに …

no image

エッグベネディクトとはブランチに最高!その食べ方は?

  たまの週末にゆっくり起きて、 朝ご飯作りたくないなぁって思うことありませんか? そんなとき私はここぞとばかりにブランチに出かけ、 こちらの朝食メニューで唯一好きなエッグベネディクトを食べ …

ミルフィユの(横浜)フランセがブランドリニューアル可愛いデザイン

横浜に住むお友達からいただいた“フランセ“のミルフィーユ。まず紙袋に印刷されているエンブレムデザインに目を奪われ、思わず「このデザイン可愛い〜」。中にはこのお店の看板商品のミルフィーユのいちご味が。何 …

手頃にマイホームを手に入れられる都市づくり

ここ数年、カナダでは不動産バブルが大都市で起こっています。主にバンクーバーとトロント。ほんの1ヶ月半ほど前まで、多くのお金を持った主に中国人がバンクーバーの不動産を買い占め、平均の家の販売価格がなんと …

gift idea from Japan

厳選11品!海外赴任が決まった女性の友達へのプレゼントはコレ

  先日私の日本にいる妹から、 「お姉ちゃんが、海外生活で重宝したものって何?」 と質問を受けました。 どうも妹の友達が海外赴任することになって、 お祝いのプレゼントを送ろうと考えているとか …