海外田舎暮らし日記

日々の気づき他、海外田舎暮らしで思うことなど綴ります。

ブログ

【海外在住】足が小さい人の靴の探し方の3つのポイント

投稿日:10月 15, 2018 更新日:

足が小さい人は靴を探すのが
ただでさえ大変ですが、

そこに海外在住となると、
もっと大変です。

足サイズ22cmのカナダ在住の私の
靴探しのポイントを3つまとめました。

足が小さい人の靴探しのヒントになれば
幸いです。

海外在住で足が小さい人の靴が買える場所その1〜セールラック

「余り物には福がある」と言われますが、
足の小さい私が海外で靴を探すときは、

デパートの靴売り場や、
靴専門店のセールラックをチェックします。

普段はこれらの靴売り場が
取り扱っている一番小さい靴のサイズは
6からのものが多いのですが、

セールの時には、
サイズごとに別れたセールラックに、
どこから紛れたか?
サイズ5が置いてあることがあります。

他のサイズに比べると
選べるデザインやカラーは少ないですが、
このセールラックから選ぶのは
足が小さい人にとって便利な場所です。

 

海外在住で足が小さい人の靴が買える場所その2〜アウトレット

私が住むところにもいくつか
アウトレットモールがあります。

これらのアウトレットモールにある
Saks Fifth Avenue(サックスフィフスアベニュー )のような
高級百貨店チェーンの靴コーナーには、

お店の陳列毎に靴サイズが表記されていて、
サイズ5のコーナーがあります。

海外ファッションブランドの靴が
お手頃価格で、

しかもサイズのバリエーションも豊富なので、
足を運んでみる価値があります。

また似たような陳列で足が小さい人の靴
サイズ5が買えるもういくつかの場所には、

Nordstrom RACK(ノードストロームラック)
WINNERS(ウィナーズ)や、
Marshalls(マーシャルズ)、

なんかもあります。

これらのお店は私が住むカナダ・トロント(近郊)含む
北米には結構あるので、

アメリカ・カナダなど北米在住の方はぜひ
足を運んでみてくださいね。

 

海外在住で足が小さい人の靴が買える場所その3〜ARDENE

カナダに在住の人なら
一度はみたことがあると思われるお店「ARDENE」は、
モントリオール発祥のファストファッションのお店。

もともとはアクセサリーやジュエリーから
始まったARDENEですが、

今や、洋服を始め、靴やカバン、
アクセサリーやヨガウェアなど、
取り扱いアイテム数は多いです。

今の時期は、ハロウィーンのコスチューム
なんかも売っています。

少し前までは、靴のサイズの取り扱いは、
サイズ6からでしたが、

最近近所にあるARDENEに
足を運んでみたところ、
なんとサイズ5の展開が始まっていました!

ファストファッションのものなので、
本物のレザーなど高品質を求めては
いけませんが、

足が小さい人でカナダ在住の人には
一冬でダメになってもいいや
くらいの感覚でブーツなど、
お手頃な靴やブーツなどが買えそうです。

 

なかなかおしゃれな気に入った
デザインに出会いない!?

そんな場合は日本に帰国した時などに、
足の小さい人の靴の取り扱いサイズが
あるお店で何足か買いだめするのも
いいかもしれませんね。

OFD バレエコンビスクエア CT10↓↑/オデットエオディール(Odette e Odile)

スポンサーリンク

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カナダが海外移住しやすい国って本当⁈その裏にあるゆとりすぎる社会

福島原発事故を機に国内・海外移住を する人たちが8年たった今も増え続け ています。 また、若い世代の人たちの収入が あまりにも少なすぎる時代になって、 田舎に移住をして生活費を抑えながら ブロガーなど …

海外在住の日本人が喜ぶプレゼントと喜ばないものカナダ編

海外に住んでいる家族や友達にプレゼントを送りたい。 せっかくなら海外で手に入らない日本のものがいいかな と思っても何を送ったら喜んでもらえるのか? 現地事情はわからないものですよね。 そこで、カナダに …

ポートランド観光のお土産は無くしたはずの父の日カード

先日、東京の友達とアメリカのオレゴン州ポートランドへ行ってきました。 健康に気を使うようになってから、オーガニックな街に興味を持ち、健康に対する意識の高いポートランドに行きたいと思っていたことを友達に …

「SNS疲れ」は、ツイッター社による情報操作が原因か⁈

TwitterなどのSNSは、20代〜40代を中心にすっかりなくてはならないコミュニケーションツールになりました。 それと同時に、人の投稿を見ては一喜一憂したり、ヤキモチを妬いたりしてSNSに疲れたり …

トランスジェンダーは生まれつきではなく環境によって作られる

前回は、LGBTの権利は悪魔崇拝に利用されていることについて触れました。 悪魔崇拝の産物〜LGBTの権利は利用されているだけ。少数派でもない。 私が住むカナダでは、LGBTの権利はかなり優遇され、彼ら …