シュガーブッシュのブログ

身の回りに起きる出来事やニュースの一つ一つが生きるためのヒント。そうやって得たヒントを記事にして気づきをシェアするブログ。

観光 カナダ情報

トロントの観光〜夏のおすすめは水族館に決まり!

投稿日:7月 24, 2018 更新日:

スポンサーリンク


今年の夏はとにかく異常に暑いですね。

 

日本でも40度を超える日が続いていたり、
こちらトロントでもこんなに暑くなった夏ってあったけ?
と思わせるほどの猛暑ぶり。



そんな暑い夏だからこそ水族館で涼みながら、
トロント観光を楽しんでみませんか?



トロントに遊びに来る人にも、
トロントに在住している人にも、
おすすめのスポットです。

 

デートにも◎トロントのリプリーズ水族館の概要

トロントのシンボルであるCNタワーのふもとにある水族館、
Ripley’s Aquarium of Canada”は、
2013年10月にリプリーズ・エンターテイメントがオープンした
カナダ最大の規模の水族館。


ユニオン駅から徒歩で10分ほどのところにあります。

 

入場料(税前)2018年7月時点
大人​(14歳〜​)​:$35
ユース(6-13歳​)​:$24.25​
子供​(3-5​歳)​:$12.00​
シニア(65+): $24.25

 

入場料は年々値上がりしていて、大人料金でHST13%の税金を足すと約$40。
かなりいいお値段ですが、

 

インターネットで事前に到着日時を予約してチケットを購入すれば、
$3-4ほど安くなります。​​

 

​また夜の7時以降(sharks after dark)​に行けば、
通常価格より$5安くなるので、これはお得ですね。​

 

私が出向いた今月7月の初旬ものお昼過ぎは、
館内で少しだけ並んでチケットを買うことができましたが、

 

昨年の夏に訪れた時は、
チケットを買うために待っている人の列が外までズラーっと。

 

日焼け対策もしていなかったし、
暑い中外で待つのは嫌だったので、帰ってきてしまったほどでした。

 

今回無事にチケットを購入し、
ギャラリーからギャラリーへと足を運びました。

 

最初のギャラリー入り口付近から、
夏休み中の家族連れや、英語以外の言語を話す様々な国からの観光客など、
たくさんの人で賑わっていたので、館内をゆっくり周って、
合計2時間半くらいをリプリーズ水族館で過ごしました。

 

涼しげな海中の光景をみて体の火照りがスッーと
引いて行くような感じがしましたよ。

 

年甲斐もなく、色々な魚を見て結構楽しみました。
水族館っていいですね。

 

リプリーズ水族館は、​夜11時までと遅くまで空いているので、
仕事帰りのデートにも◎、観光客の人にとっても、
昼間別のところで観光した後に最後の締めに来ることもできそうですね。​​

 

​子供から大人まで、観光にも、デートにも、
楽しめる水族館です。


(↑2018年1月に撮影したもの)

トロント・リプリーズ水族館の見どころはコレ!

16,000種類もの水生動物が楽しめるリプリーズ水族館。

 

カナダの海のランドスケープが楽しめる「カナディアンウォーター」をはじめ、
インド太平洋のカラフルな魚が生息するサンゴ海「レインボーリーフ」、 ​
サメやカメなど鑑賞できる「デンジャラスラグーン」、
つい写真に納めたくなってしまう色が変わるクラゲなど他、

 

10種類ものギャラリーが設けられています。


 

海底トンネルでは、サメが泳ぐのを真下から見上げながら鑑賞できたり、
電気ウナギの展示のところには電気の音がカラーで見えるようになっていたりと、
水生動物の見せ方にもたくさんの工夫があるのも面白いです。


 

魚と一緒に泳ぐ大きなカメ


 

ショッキングピンクなクラゲ!


 

この夏ぜひ足を運んでみてください!

 

ちなみに毎週火曜日の朝7:30am-8:30amには、
レインボーリーフの前でヨガができるセッションも行われているようですよ。

Yoga



 

Ripley’s Aquarium of Canada​の情報

所在地:288 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9​

開館時間:毎日9:00am – 11:00pm

ウェブサイト:https://www.ripleyaquariums.com/canada/​

*夏休み時のピークは11:00am – 4:00pm。

*ピーク時に行くと場合によっては外で待つこともあるので、
日焼け対策はしておいた方が良いですよ。


上から見た写真。

夜には魚がイルミネートされて色々な色になったり、
泳いでいるように見えたりします。

 

トロント観光の関連記事はこちらも合わせてどうぞ↓

トロント観光におすすめの美術館はココ!靴好きにはたまらない

 

スポンサーリンク

-観光, カナダ情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トロントの観光におすすめな美術館〜靴好きにはたまらない

スポンサーリンク 美術館巡りやファッション・靴が好き! という方に特におすすめなトロントの観光地の一つが、 “BATA SHOE MUSEUM(バータ靴博物館)”​。 靴に特化 …

ペアリングは手作りブランド”秘密の森”でスーパースペシャル

“Secret Wood”をご存知ですか? 2015年12月にカナダ、バンクーバーにある小さなワークショップからスタートした木製ジュエリーブランド、「シークレッドウッド」。主にリングをハンドクラフトで …

トロントプレミアムアウトレット​でブランド品を安く買おう

トロントでお買い物といえば、 イートンセンター、ヨークデールモール、スクエアワンなどのモールか、 クイーンストリートの路面店や、 グリークタウン、ブロアウエストにあるローカルの ブティック系などでしょ …

ナイアガラの観光で滝を見たら、大人はおしゃれな街カフェで一息

ナイアガラの観光と言えば、ナイアガラの滝を見て、 その周辺にあるカジノやアミューズメントパーク、 またはアトラクションなどをして過ごすのが一般的でしょうか。 私がナイアガラ観光へ行くときは、 日本から …

発がん性除草剤の訴訟続きのモンサントの悪はなぜ続くのか?

スポンサーリンク 週末にトロントでは反モンサント (バイエル)デモ行進が行われました。 モンサント社は、2018年夏に 大手製薬会社のバイエルに買収された たのを機に、 デモ行進の名前も March …