シュガーブッシュのブログ

身の回りに起きる出来事やニュースの一つ一つが生きるためのヒント。そうやって得たヒントを記事にして気づきをシェアするブログ。

インテリア/風水 イベント/カフェ

クリスマスカラーはなぜ緑や赤なの?色の持つ意味とは

投稿日:

毎年10月末のハロウィンが終わると、次のビッグイベントであるクリスマスのデコレーションが街に現れます。

カナダのショッピングモールでは、広場に大きなクリスマスツリーを置いて、ツリー全体を赤いライトで照らしたり、小さいツリーがあるところでは、12月の週末になると、サンタクロースの格好したおじいさんと写真を撮ったりできるスペースを設けているところもあります。

お家では、クリスマスツリーを飾ったり、ポインセチアを飾ってみたりと、そのデコレーションでクリスマスのムードを盛り上げています。

そんなクリスマスに使われるクリスマスカラーと言えば、何を思い浮かべますか?

やっぱり緑や赤?それらにそれぞれ意味があるって知っていますか?

今日はクリスマスカラーの色の種類に、その意味をまとめてみました。クリスマスカラーの意味を知って、デコレーションに一味加えてみるのもいいですね。

スポンサーリンク


緑と赤だけじゃない!クリスマスカラーとその意味

代表的なクリスマスカラーでパッと思い浮かぶのは、「緑」や「赤」ですが、そのほかに、「金」や「白」もクリスマスカラーなんですよ。

これらのクリスマスカラーの持つ意味って何だと思いますか?

モミの木の色?柊の実の色?

クリスマスカラーに使われている色は、もともとはヨーロッパからその伝統や、クリスマス時期の暗い・寒いシーズンにちなんだ習慣からきているんです。

「緑」、「赤」、「金」、「白」、それぞれ簡単に説明していきます。

 

クリスマスカラー1:緑(グリーン)

クリスマスカラーの代表である緑は、長い寒い冬もいつかは終わりをむかえ、春が訪れることを人々に想わせる色として、主にグリーンの植物を建物などの装飾に使ってきました。

そのグリーンな植物の代表的なものには、「ヒイラギ」、「アイビー」、「ヤドリギ」などのエバーグリーン(常緑の)と呼ばれる植物があります。

今日では、クリスマスツリー(もみの木)が主に使われています。

 

<ヒイラギ>


 

<アイビー>


 

<ヤドリギ>


 

<もみの木>


 

クリスマスカラー2:赤(レッド)

赤はヒイラギの実の色で、十字架にかけられたキリストの血を表しています。

中世のヨーロッパでは、クリスマスイブにエデンの園の劇が行われ、そこに出てくるパラダイス(楽園)の松の木に赤いリンゴがつけられていて、この赤いリンゴがアダムの罪を表していたようです。


 

クリスマスカラー3:金(ゴールド)

金は、暗い冬には欠かせない、太陽と光を表す色。また星の色でもあります。「赤」と共に「金」は、寒い冬に暖かさをもたらす「火」を意味しています。


 

ホワイト(白):

西洋文化では、純真さと平和に関連づけられている「白」。またホワイトクリスマスという言葉があるように、雪の白でもあります。教会では白をクリスマスカラーとして、祭壇に白のクロスが使われています。


 

クリスマスカラーの意味、いかがでしたか?

今年のクリスマスは、クリスマスカラーの持つ意味を意識して、クリスマスツリーを飾りつけたり、インテリアを装飾したりしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

-インテリア/風水, イベント/カフェ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風水で玄関から全体運アップ

そろそろ衣替えの季節。ということで、洋服整理ついでに家の中の片付けもしようかなと、気はそれほどすすまないけど、とりあえずやってみることに 。 インテリアの学校を卒業した後、空いた時間を使って風水の勉強 …

女友達の引っ越し祝いはインテリアにも◎なもの5選

スポンサーリンク   親しい友人が一人暮らしを始めるために引っ越しをするときは、ちょっと気の利いたものをプレゼントしたいですね。 特に、友人がマンションを買ったときなどは、新しいお部屋のイン …

エステートセールでインテリア戦利品をゲット!

スポンサーリンク   「エステートセール」をご存知ですか?   「エステートセール」とは: 家をダウンサイジング(大きい家から小さい家やマンションなどに移る)や、離婚や自己破産など …

開運風水の「李家幽竹」と日本会議の「安倍晋三」とひみつ宗教

スポンサーリンク   前回は、「こんまり」「断捨離」などの片付けにまつわるビジネスについてまとめてみました。 「こんまり」片付けの魔法に隠された断捨離哲学と宗教の関係   この記事 …

トロントの観光におすすめな美術館〜靴好きにはたまらない

スポンサーリンク 美術館巡りやファッション・靴が好き! という方に特におすすめなトロントの観光地の一つが、 “BATA SHOE MUSEUM(バータ靴博物館)”​。 靴に特化 …